活動の内容

富江の塩 バスソルト

2013.01.22(火) | 14:02 | category:特産品, つばき

バスソルト

 

五島列島富江町で採れた天然塩から作られたバスソルト。同町でとみえ塩工房を営む川元さん一家から生まれた五島列島の新しい特産物である。「レモン」「フレッシュフラワーズ」「カモミール」に加えてニューフェイスとして五島の名産物である「椿」が加わり、デザインを一新。全4種類のラインナップから取り揃えている。

改良を重ねて更に香りが充実したことによりバスタイムでリラックスしたひとときを過ごせる。塩本来が持つミネラルの保温・保湿効果が湯上がり後も体を長く温め、日常の疲れと美容のケアにオススメの一品。天然にこだわっているため安心・安全で長く愛用できる。

現在はお手頃なサイズと価格でお土産店でも大変親しまれており、特に人気の商品は五島列島が誇る名花「椿」。

今後はセットでの売り出しやお土産やプレゼント用のラッピングなど様々な形での販売に向けて準備中。今後の五島の新しい分野の特産物として注目のグッズとなっている。

つばき酵母

2013.01.08(火) | 18:42 | category:特産品, つばき

①開発のきっかけ

「昔から親しまれている五島列島の名花【椿】から新しい魅力ある特産物を生み出したい」。そんな思いの元、五島市商工会会長立石光徳氏が自身で育て上げた椿の花を採取し、数々の運命的な出会いを経てつばき酵母の発掘へと踏み出すこととなった。

 

②秋田今野商店

当事業で新商品開発・改良に指導をいただいている森永謙三氏の紹介により実現した出会いが現在創業101年目を迎える「秋田今野商店」である。今野商店は祖業から菌類開発に取り組む歴史ある企業として『古き』を大切にし、『新しき』ことにも挑戦していくスタイルを貫きながら成長を重ねてきた。

酵母を取り扱うエキスパート企業は日本では今野商店を含めて3社しか存在しない。そんな有数の企業との出会いを果たしたことでつばき酵母開発の道筋は決定的に明るくなった。

一度、秋田今野商店の社長を務める今野宏先生をはるばる秋田からお越しいただき、五島の幸と五島酒で囲んだおもてなしのひとときには話題に尽きることなく五島の新たな魅力を先生に見出していただいた。

次の日に会議を開いた際、今野先生によると順調に酵母の発見が進んでいる吉報を受け、委員一同喜びの顔を隠せなかった。というのは約500種類と存在する酵母の内、「食」に使われている酵母はたったの一種類であり、何百回もの採取を行っても見つかることがない場合もあるからだ。そんな低確率にも関わらず素晴らしい酵母が椿から発見されているとなれば喜ばずにはいられない。 今後、つばき酵母を使った製品の具体的な展開を目先に置いて話を進めていく方針である。つばき酵母を使った味噌、醤油、パンの開発などこれからの見通しは幅広い。

 

work02

株式会社秋田今野商店 代表取締役 農学博士 今野宏先生

恋するつばき 保湿のミスト

2012.12.20(木) | 19:47 | category:特産品, つばき

①椿油

五島列島の名花「椿」は昔から人々の生活に根ざして愛されている。椿から精製した椿油は時には整髪剤やヘアケアとして、時には保湿剤として、そして時には食用油として様々な利用法から重宝されている高価な資源である。

②開発のきっかけ

資生堂が五島椿油使用の化粧品を大ヒットに繋げたことでも有名だが、五島列島の椿商品と言えば純粋な椿油をパッケージしたものしかない。この状況に一つ風穴を吹かすべく、立ち上がった当事業委員一同は椿の化粧水開発へと着手した。

③開発の経緯と展開

年齢層のターゲットから製品のデザインまで様々なコンセプトを大切に固めていきながら「恋するつばき 保湿のミスト」は生まれた。まだ試作段階ではあるが、多くの専門家との出会いや試行錯誤を繰り返す度に少しずつ、そして確実に完成に近づいていき商談会や出店の機会でも好評をいただいている。

当商品は恋するつばきシリーズ第一弾として発信し、同時に地元バンド楽曲とのタイアップ提供や独自のストーリーを持たせて今後の商品へと連動させていく。

 

3